しめじごはんとから揚げ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京モーターショーへ行く (一回目・中央ホール編)

<<   作成日時 : 2005/10/26 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

中央ホールへ入ると通路を挟んで三菱とメルセデスが向かい合っていました。あらあら。

メルセデスのマイ・バッハとSLRマクラーレンは前回のモーターショーにもありました。発表されたばかりのニューSクラスが目玉ですかね。ニューSはちょっと押しが強いデザイン。先代でスリムになって好評だったけど新しいのはどうでしょうか。AMGのSL55AMGは特に新しいものではないけどかっこいい。ちなみにAMGは「アーマーゲー」と読みます。エーエムジーと読んでる人がいたらモグリです。

三菱はランエボWRCやパリダカのパジェロは定番として、積極的にコンセプトカーや新車を出してましたね。アウトランダーとか新型軽のアイとか好きですよ。頑張ってほしいです。

クライスラー・VWはあまり印象に残っていません・・・。すみません。

アウディもおしゃれだなぁといった程度ですか。裏にはグループのランボルギーニ・ブガッティ・ベントレーのブースがありました。ランボルギーニのムルシエラゴとガヤルドは前回もありましたが、今回は両方とも真っ白のボディカラーで高級感が溢れてました。白というかパールホワイトですね。マークUのパールとは違う。ほんとの真珠色といった色をしてました。
ブガッティは1台展示してあり、モデル名は知りませんがお兄さんが念入りに車を磨いていました。
ベントレーもブガッティもランボルギーニも一生縁が無いのでコメントしようがありませんが、これらのメーカーはクルマに触れません。フェラーリも。柵の中に入れるのはオーナーさんや購入を検討している方だけです。パンフももらえませぬ。貧乏人は柵の外から写真を撮るだけです。

トヨタ・ダイハツグループはブースがでかい。ホール全体の1/3を占めています。
ダイハツはステージで愉快なラテンのリズムにのって男女のダンサーが踊ってました。見てる方が疲れそうです。キーボードを弾いてる男性はかつての小室哲哉を思い出させました。
トヨタは先日発売されたラクティスのトヨタF1カラーがあり、正直欲しいと思いました。結構シンプルなのでカッティングシートで作れるかも。人が多いかと思っていたF1マシンは人がいませんでした。ちょっとかわいそうなぐらいです。今年は大躍進したのに。よく見りゃ去年のTF104だ。展示台も前回使ったものっぽいなぁ。他にはクラウンやマークXなどの市販車があり、話題のレクサスもありました。現行ラインナップの他にセダンのLF−ShとクーペのLF−Aかいうコンセプトカーがありましたが、セダンの方は来年デビューするLS(現セルシオ)になるんでしょうか。GSのハイブリッド仕様もあり、なかなか良いと思いましたが旧アリストの方が良いです。2階からレクサスを見ていたら人だかりができており、よく見ると”PRIDE”と書かれたジャケットを着た外人さんでした。写真を撮ってる人がたくさんいましたが、格闘技に興味が無いので名前はわかりません。前回は格闘家の角田氏を見ました。

中央ホールのトリはプジョーです。プジョーもお姉さんがいい。花柄のスカートに白のジャケットという普通の格好ですが、エレガントでおフランスの上品さが出てます。このプジョーとジャガーが個人的にベストですね。プジョーのクルマもおしゃれさんで好きです。自分の住んでる所だとフランス車ってあまり見ませんね。プジョーもルノーも日本のコンパクトカーとは一味違って良いと思うんですけどね。プジョーもWRCカーの展示がありませんでした。残念です。

東ホール編へ続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ランボギーニ ムルシエラゴ LP640(Lamborghini Murcielago LP640)
第76回ジュネーブ国際自動車ショーでランボルギーニ・ムルシエラゴ・クーペのハイパフォーマンス・モデ... ...続きを見る
旧車やノスタルジックカーからスーパーカー...
2007/02/11 23:40
レクサスのフラッグシップモデル!『LF-A』@レクサスのすべて!
レクサスのフラッグシップモデルとして期待されている『IF-A』。まだいろいろと改良につぐ改良で詳細はよくわかりませんが、この『IF-A』に搭載予定のエンジンは570PS/53KG-M の超スペックを持っているエンジンのようです。最近ではこのようなモンスターなスペ... ...続きを見る
レクサスNO1@レクサスのすべて!
2007/05/30 07:43
痛車とカッティングシート
車にステッカー装飾を施したいと考えている人は、オタクの殿堂コミックマーケットなどに足を運ぶと、痛車という車からカッティングシートの貼り方を学ぶことができるかもしれません。痛車(いたしゃ)とは、イタリア車の略であるイタ車をもじったもので、アニメやゲーム、いわゆるオタク領域のもので装飾された車を指します。強者は塗装を施したりをするのですが、痛車の半分はその利便性・取り替えの容易さ・コストパフォーマンスからカッティングシートをキャラクターのシルエットに切りぬいて貼りつける方法を用い... ...続きを見る
カッティングシート総合情報
2007/06/30 10:07
カッティングシートで自動車のワンポイント補修
カッティングシートはおもに装飾目的で使われますが、その屋外での耐候性の高さを活かした自動車の補修にも、使うことが出来ます。もちろん、あくまでワンポイント補修ですので、修理とは違うことをお断りして、ご紹介したいと思います。例えば、車の一箇所がちょこっとへこんでしまったときなど、修理には案外お金がかかるもので、考えてしまいます。そこで登場するのがカッティングシートです。元々自動車の外側に貼る用途で使用されていますから、簡単に剥がれたりはしません。とりあえずは同系色のシートを貼るこ... ...続きを見る
カッティングシート総合情報
2007/07/13 10:21
カッティングシートとマーキングフィルム
カッティングシートと言う名前で色々とネット上で調べものをしていると、マーキングフィルムと言う呼び名を見ることがあるのではないでしょうか?実は、カッティングシートと言う呼び名は中川ケミカルの登録商標で、一般名としてはむしろマーキングフィルムと呼称するのが妥当なのです。しかし、巷で利用されているカッティングシートの用途は、切り文字加工が中心です。そういった世間の認知も手伝って、マーキングフィルムよりも圧倒的にカッティングシートという名前が使用されているのです。このことは、実はネッ... ...続きを見る
カッティングシート総合情報
2007/07/15 12:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京モーターショーへ行く (一回目・中央ホール編) しめじごはんとから揚げ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる